ナチュラルのロゴ

【店長日記】今日はてんこ盛りでした。



今日は、注文していた商品がたくさん入ってきた日でした。



時期的には、年末を前に忙しくなってくる時期でもあり、

今日は店頭にて「リマナチュラル」さんのデモ販を行っていたり、

各テナントへの、消防署の点検周りがあったり、

さらに、

夕方にはメーカーさんによる新商品の紹介やご挨拶があったりして、

商品の入荷と合わせて「てんこ盛り」な1日でした。



ご来店頂いたお客様には、

大変バタバタしている中での接客となってしまい、

誠に申し訳ございませんでした。



消防署の点検というのは、

色々とありまして、

狭いスペースを有効利用しているとはいえ、

時には指導を受ける事もあります。

ルールを守るべく、

指導の通りにレイアウトをしなおして、

この際だからと掃除もしました。



私のスペースはご覧の通り、

キレイになりました。



明日からも頑張ります!

本日もご利用ありがとうございます。



神尾




【商品情報】美味しいお漬物が入荷です!





先日、ムソーさんの商談会に行った事を報告しましたが、

その時の収穫は他にも色々とありまして。



例えば、

ムソーさんでもまだ取扱いの無かった「塩麹」のビン詰めを発見したり、

写真のようなお漬物を試食し、美味しさを実感したり、

というような「出会い」や「発見」がたくさんあります。



今日は、ムソーさんに注文した「お漬物」が入荷してきました。

オススメは「千枚漬」「紅千枚」です。

上記の写真にあるようなかぶが原材料のお漬物です。

このかぶは「聖護院かぶら」という大変有名なかぶです。

「千枚漬」と言えばこのかぶを使用します。

おめでたい時の千枚漬は、このカブの中央当たりを切り、

細かく切らず一枚で漬けます

(写真中央の丸い形の千枚漬がそれです)。

なので、取れる量が少量ということで若干割高ですが、

今回入荷した千枚漬は、同じかぶを使用しながらも、

かぶ全体を使用しているためにお値段が抑えられています。

全体を使用したからといって、味が落ちている事はありません。



他には、

「白菜漬」「小かぶ漬」「本格なます」「べったら漬」

などが入荷しました。



千枚漬 160g 394円

紅千枚 160g 394円

本格なます 200g 394円

小かぶ漬 200g 320円

白菜漬 250g 305円



全て、国内原料を使用しています。



大量入荷に、ひろ美社員が



「(棚に入らないな…)」「(どうしよう…)」



というような、

悩ましい顔をしながら陳列してくれました。

お疲れ様です。





賞味期限が10日以上あるのですが、

「鮮度が命!」と、すぐに宣伝!!!!

商品の値札や、カタログの見本を切り出したりと、

照明が暗い中、鮮度をアピール出来るように考えました。





その結果、こんな感じに。



少しピンボケしちゃっていますか?



生ものは、その他に、豆腐が新商品として登場しました。

そちらは、また別の機会にご紹介したいと思います。



そろそろ閉店時間です。

明日は「リマナチュラル」さんより、後藤さんが店頭で

化粧品の説明と実演をしてくる予定です。

ご来店、お待ちしております。






【商品情報】小林農園の「野生種なめ茸」



先日、なめ茸業界では大変有名な「小林農園」の営業部・中條さんが来店され、

ご挨拶と共になめ茸商品の説明をして頂きました。

そして、サンプルとして、いくつかの商品も頂きました。



お話をする中で、大変興味深い点がいくつもあり、

とても勉強になりました。



なめ茸のビン詰め商品に関しては、

なめ茸のビン詰め開発を

小林農園さんが始められたという点から興味津々です。

今、どこにでもあるなめ茸のビン詰めを作ったのが、

小林農園さんなのです。

開発段階よりノウハウを公開し、

今ある流通が生まれているそうです。



なめ茸栽培に至っては、

世界初の新技術を開発し、周年栽培を実現させたそうです。

(それ以前は生産時期が限られていたということです)



生食用市場出荷の際、

名称が「ナメ茸」では「ナメコ」と混同してしまうの避けるため

「えのき茸」と改称したとのお話も、「へぇ」と関心しました。

(英語で、enoki mushroom と書きます。また英語名は数種類あります)



えのき茸、年中食べているんですが、

命名した方々とお仕事していたとは…

驚きの事実を知りました。



さらに、なめ茸の食べ方なども教わりました。

サンプルも頂いた事だし、

さっそくと思いメールを作成しました。



「2合のお米を研いで水に漬けておいて」



そして、すぐに私の妻にメールを送信。



そこで冒頭の写真へと繋がるのですが、

小林農園さんの「野生種なめ茸」を一瓶使って

「炊き込みご飯」を作ってみようというわけです。



まず、研いだ2合分のお米と同量の水をお釜に入れます。

そこへ、「野生種なめ茸」を一瓶丸ごと入れます。



軽くかき混ぜて、後は炊飯器のスイッチをオンにするだけです。



しばらくすると、



こんな感じの「炊き込みご飯」が完成します。



この時点で、少し水が多いような気がする方もいると思いますが

かき混ぜたり、少し時間が経てば

気になる事はありません。

私と私の奥さんは固めの御飯が好きなのですが、

食べてみた感想は、とても良い物でした。

ですから、固さも2合分の量で適量だと思います。





お茶わんがちゃんとあるのですが、

すぐ側のお皿に盛り付けてしまいました…(反省)

けれど、味は問題なし!美味しかったです。

もしも、もう少し味付けが欲しい場合は、

オーサワさんの「発酵酒みりん」や、

市販の料理酒と醤油などで味付けされるといいと思います。

その時は、水の量を足す量とで加減してみて下さい。



小林農園さんの「野生種なめ茸」は、

週明けにオーサワジャパンさんより入荷予定です。

また、「なめ茸 200g 固形分60%」315円も

店内で販売中です。





200g 472円 えのき茸は長野県産。



御飯の上に、豆腐に、または「炊き込みご飯」に!

他とは味が全然違います!ぜひお試し下さい。

お買い上げ、お待ちしております。

【商品紹介】お米の取扱いスタート!



やっとオンラインショップでも

当店自慢のお米「不耕起米 コシヒカリ」の

取扱いが出来るようになりました。



2011年度の新米。

汚染のチェックがしてありますので、

千葉県産ということでの心配は一切ございません。

(それにより少々値上がりしてしまった事は残念ですが…)





お米を入れてくれているスマイル野菜さんに、

汚染チェックの証明書(コピー)を頂いています。

私の汚い字も一緒に書かれてしまっていますが、

中身は正式なものです。







↓不耕起米に関しては、オンラインショップをご覧下さい↓

不耕起米 玄米 千葉県産 - 自然食品店ナチュラル オンラインショップ


【店長】「インスタもやっております。」

本日もご利用ありがとうございます。弊店発売の「日本人ならたまらない〜漁師飯」は、全国のスーパー・ショップさんで大変なご好評を頂いております。 #ふりかけ #日本人ならたまらない #漁師飯 #国産原料 #使用 #美味しい #うまい #ご飯の友 #生協 #スーパー #マヨネーズ #醤油 #味噌 #合う #焼きそば #うどん #卵 #焼き肉 #自然食品 #小岩 #ナチュラル #シャポー

Sizenshoku Naturalさん(@sizenshoku)がシェアした投稿 -